トミー・ゲレロによる『Sunshine Radio』の各曲解説

トミー・ゲレロによる『Sunshine Radio』の各曲解説

トミー・ゲレロによる『Sunshine Radio』の各曲解説


1. By the Sea at the End of the World

この曲のギターはすごくサーフ・ミュージックっぽいんだ。俺はいろいろなタイプの本を読むのが好きなんだけど、そういう本からのワンフレーズをタイトルにすることが結構ある。この曲にはサーフ・ギターの要素が入っているから、このフレーズがしっくりきたんだ。どの本から取ったかは覚えてないんだけどね(笑)。前もって意識していたわけじゃないんだけど、演奏していくうちにマカロニ・ウェスタンっぽいサウンドになったんだ。曲名は、曲が完成してから決めることが多い。

2. Evolution Revolution

このタイトルは、今の社会のあり方、アメリカの社会情勢、この国が抱えている社会不安や人種差別問題、憎しみに対する自分の気持ちを表している。この状況から脱却するには、人間は進化しないといけないし、不正や差別と戦っていかないといけない。この曲で使っているオルガンはFarfisaなんだけど、あの独特の音色をとても気に入ってる。

3. Of Things to Come

この曲名には、未来への希望、より良い明日を願う気持ちが込められている。俺は古いソウル、ジャズ、ファンクにも影響されているし、サーフ・ギター・サウンドも大好きだから、そのの世界観やサウンドを融合させた曲なんだ。

4. Descendent of Memory

この曲のサウンドはとてもポジティブだと思うんだけど、メロディやギターの音色もアフリカ音楽からの影響が強い。人間は誰しも過去の記憶や歴史の産物だと思うんだ。それを継承していくことで、その人の人生の歴史が刻まれるんだ。そういう想いが込められた曲だよ。自分の曲の多くはマイナースケールなんだけど、この曲ではなぜかメジャースケールを使ったから、希望に満ちたサウンドに仕上がったんだ。

5. Down Thru Light

この曲は全てベースとWurlitzerのエレクトリック・ピアノ で演奏しているんだ。あとは小さいシェーカーを使った。ベースで色々な演奏法やメロディを取り入れて、ベースだけのアルバムを作ってみたいと思ってるんだけど、「Loose Grooves」にも1曲だけベースオンリーの曲が入っている。だから、俺が作る曲ではよく、ギターではなくベースがメロディを演奏していることもある。ベースでメロディを演奏すると、フィーリングやトーンが変わってくるんだ。

6. A Thousand Shapes of Change

この曲をレコーディングしてから、70年代のブラックスプロイテーション映画のカーチェイス・シーンの音楽に似ていると思ったんだ。このタイトルは、「この国がこれから必要としている全ての変化」という意味が込められている。アメリカが進化するには、変わらなければいけない側面がたくさんあるんだけど、ものすごく大きな障壁もある。でもいつか、それを乗り越えて欲しいという願いが込められているんだ。

7. Future Deserts

この曲のギターは、自分なりのハイライフやアフリカ系のギターのアプローチを取り入れてる。「これからハイライフの曲を作ろう」と考えながら曲を作ることは全くないんだけど、ベースラインやパーカッションをレコーディングしてから、こういうギターやメロディのフレーズ湧き出てくることがあるんだ。この曲では、たまたまこういうメロディが湧いてきたんだよ。

8. Up From the Dust

この曲は、ウエストコースト・ジャズ、ウエストコースト・ソウルっぽいサウンドなんだ。昔、自分の音楽を「ウエストコースト・ジャズっぽいね」と言われたことがあって、当時はそれがどういう意味なのかわからなかったけど、今なら理解できるよ。この曲のタイトルには、「なんとか今の世の中の泥沼のような状況から這い上がろう」という願いが込められている。

9. Quiet Heat

この曲はとても内省的なサウンドだけど、スピリチュアル・ジャズのアプローチに近いと思う。このタイトルは、静かに燃えてる状態を表している。その炎は、外に向けられていないけど、落ち着いたエネルギーを持っている。俺のパーソナリティを反映しているのかもしれない。曲の途中に登場するコーラスは、自分の声を3回くらい重ねて、ハーモニーを作ったんだ。超越的なサウンドにしたかったんだよ。


10. Rise of the Earth People

チャック・トリースのドラムをこの曲で使ったんだけど、アフロ・ビート的なアプローチなんだ。タイトルの”Earth People”というのは、世界の有色人種の人を象徴している。つまり、有色人種の人々が立ち上がり、この状況を改善していく、という意味が込められたタイトルさ。

11. Mysterious Frequencies

アルバムで一番お気に入りの曲だし、みんなも気に入ってくれると思う。この曲は、60年代のゴーゴーミュージックや映画のサントラに近いサウンドなんだ。

12. The Road Under My Shoes

ジョン・コルトレーンのスピリチュアル・ジャズっぽいサウンドの曲なんだけど、直線的なリズムの上に、様々なメロディーやテクスチャーが重なってるんだ。水面下でエネルギーがフツフツと湧き上がってくるようなサウンドで、コルトレーンの音楽にもそういう側面があると思う。彼の”Alabama”という曲が大好きなんだけど、とても強烈なエネルギーを感じさせる曲でありながら、決してエネルギーが爆発するわけでもなく、どこか抑制されている。スピリチュアル・ジャズのそういうアプローチが好きなんだけど、俺はジャズ・プレイヤーじゃないから、自分なりのフィルターに通して演奏しているんだ。この曲名には、誰かを理解するには”その人の立場に立ってみないといけない”という意味が込められている。相手がどういう経験をし、どういう人生を歩んできたかを分からなければ、理解することはできない。アメリカにおける理解の欠如の原因はそこにあると思う。


 

リリース情報

TOMMY GUERRERO Sunshine Radio
トミー・ゲレロ | サンシャイン・ラジオ

 

 

日本先行発売 A式紙ジャケット
TOO GOOD/RUSH PRODUCTION/OCTAVE-LAB OTLCD2530
税抜定価 : \2,400 + 税 2021 年 01 月20 日 (水)
ライナーノーツ:Hashim Bharoocha
Photo by Claudine Gossett

 

TOMMY GUERRERO

Photo by Claudine Gossett
カリスマティックなスケーターとして世界のストリートに影響を与え、オリジナリティ溢れる サウンドで多くの支持を得ているミュージシャンでもある、真のストリート・アーティスト。 サンフランシスコ出身。伝説のスケートボード・チーム【Bones Brigade】最年少メンバーと してシーンに登場。抜群の知名度と影響力を持つオリジナル・ストリートスケーターとしてス ケートボード界で成功を収めた。その後、ミュージシャンとして音楽活動も開始。98年に発表 したデビューアルバム『Loose Grooves & Bastard Blues』がロングセラーを記録、音楽シー ンでも確かな地位を確立する。Galaxia、Moʼ Waxなどのレーベルからのリリースも含め、作品をコンスタントに発表。オリジナル・アルバムを10枚発表している。近年ではリリースの度に大規模なツアーを行い、日本でも数カ所ツアーを行い、新たなファンを獲得している。又、 日本ではキューピーのCMに書き下ろした「Mayo(It Gets Heavy)」でも有名に。日本のストリートカルチャー・シーンでも絶大な人気を誇るカリスマ的アーティスト。
ブログに戻る