『ピテカントロプスになる日 Vol.4  ~歌手と詩人とロックンローラー~』Special Talk② 奇妙礼太郎×柳原陽一郎

『ピテカントロプスになる日 Vol.4  ~歌手と詩人とロックンローラー~』Special Talk② 奇妙礼太郎×柳原陽一郎
共通点は「郎」がつく漢字5文字の名前と「出たとこ勝負のでまかせ」の歌詞。
そして違いは「でまかせ」が未だ「現在進行形」である人と、「すでに卒業」した人であること。
この2人によるステージは、なんとなく予想がつきそうな、でも全く予想外のコラボレーションになるような……
ちょっとあなどれない組み合わせ。
という郎×郎対決、しかと目と耳に焼き付けにいらしてください。

 

「ケンカするわけでも、モテるわけでもない、
何もないけど、案外満足してる青春(笑)」(奇妙)


●柳原陽一郎(以下、柳原):はじめまして~。

●奇妙礼太郎(以下、奇妙):僕、柳原さんっていうか、たまっていうことだとニュース番組で見た覚えがあるんですよね。なんて言ったかな……、あの、足が綺麗な人の……。

●柳原:小宮さん。

●奇妙:あっ、そうです、小宮悦子さん。

●柳原:『ニュースステーション』ですね。

●奇妙:その思い出があるんですよね。

●柳原:なんだろ、記憶にないなぁ……。でもだいたいニュースっていうと「変わった人たちが出てきましたよねぇ。困った世の中ですねぇ」っていうくくりのオチがくる、みたいな。

●奇妙:ふはははっ。関西では“イカ天”(注:いかすバンド天国)をやってなかったんで、バンドブームの話になると不思議な感じになるんですよね。でも小学校6年生くらいのとき、テレビに出てきたブルーハーツの『リンダリンダ』を見て、怖いなと思ってチャンネルを変えたのは覚えてるんです。ドリフを見たかっただけなの、「うわっ、怖い!」と思って(笑)。

●柳原:たしかに子どもには怖い(笑)。じゃ、最初に自分で買ったレコードは何でした?

●奇妙:レコードは大人になってからですね。だから最初に自分のお金で買ったのはCDで、たぶんレニー・クラヴィッツです。

●柳原:すごい人気が出てきた頃の。

●奇妙:親に買ってもらったのやと、『ウィングマン』(注:夢戦士ウイングマン)っていうアニメの本がついてるカセットテープだった気がするんですけど。特別なノートがあって、それに描いたものが現実になって現れるという話のアニメで。それの♪ウィングマ~ン、飛べない空を~みたいな曲のカセットを買ってもらった覚えがありますね。あと、家にあったCDとかカセットとかもよく聞いてました。押し入れのなかに打ち捨てられた感じでブワ~とあって。ヒマやからウォークマンみたいなやつで、いろいろ聴いて。

●柳原:それは、どんなジャンルの音楽だったんですか。

●奇妙:いろいろあったんですけど、好きやったのはカセットにダビンされてた上田正樹とサウストゥサウス。

●柳原:お父さんとかお母さんが好きだった?

●奇妙:そういう話、したことないんですよね。でもお父さんは、やしきたかじんさんが好きでした。車のなかに、やしきたかじんさんの歌を歌ってるお父さんのカセットテープがあって。スナックとかで歌うための練習を、車のなかでしてるんやろうなぁと思いながら聞かされてました。

●柳原:でも最初に買ったのはレニー・クラヴィッツ。

●奇妙:なんでかわからないですけど(笑)。

●柳原:お父さんは音楽が好きだったんでしょうね。

●奇妙:だと思います。ギターも家にありましたから。

●柳原:お父さん、自分でも音楽をやる方なんですね。

●奇妙:なんかやってましたね、変なパネルもありましたね。

●柳原:パネル?

●奇妙:思い出なんでしょうね、「若いとき、こんなんしてた」っていう。ギター弾いて歌ってる写真のパネルが飾ってあった。

●柳原:どんな歌を歌ってたんだろ。

●奇妙:どうなんでしょうね。

●柳原:あんまり喋んないんだ、お父さんと。

●奇妙:そうなんですよね。仲悪いとかじゃないんですけど。

●柳原:お父さんから「あの歌がさ」とか、「俺はこう歌う」とか、そんな話にはならないの?

●奇妙:何回かありましたけど、思いっきり無視しますね。まだ自分も若かったから、「歌詞、もうちょっと考えたほうがいいと思うけどなぁ」とか言われても無視。

●柳原:そこらへんの話はプイッといくよね。褒められてもプイッとなるしね。確かにそうだ。

●奇妙:そう、そうなんですよね。

●柳原:音楽をやろうと思ったのはいつ頃? 中学とか高校?

●奇妙:それが、すごく音楽が好きとか、のめり込んでるとかではないタイプで。僕、その、なんて言うんですかね、しんどいことがイヤで。だから勉強もスポーツも、なんにもできなかったんです。

●柳原:でも学校には行ってた。

●奇妙:行ってました。だけどケンカするわけでもなく、モテるわけでもなく、何もない人達でちょっと集まって。毎日そういう4、5人でゲームセンター行ってました。それで王将かマクドナルドに行ってワイワイって帰る。という何もない青春(笑)。

●柳原:そこで何もない人達が集まって「俺達あまりにも何もなさすぎるぜ、一発何かやってやるぜ!」みたいな話も。

●奇妙:ない。案外満足してるんですよね。学校に不満もないし、帰ったらおやつあるし、テレビ面白いし。幸せでしたよね(笑)。

●柳原:僕も高校生のときは学校がつまんなくて。でも奇妙さんと違うのは全然満たされなくて、足りない足りないと思ってた。

●奇妙:さてはロックンローラーですね。

●柳原:やめてくださいよ(笑)。だけどヘタレではあって。いかにしてポルノ映画館に入り込むかとか、そんなことばっかり考えてましたから。

●奇妙:そこ、一緒ですね(笑)。

 

「こんなこといつまでやっていられるんだろ、と思いながらのだましだましが面白いのよ(笑)」(柳原)

 


●奇妙:歌っていうことだと、ちょうどコンテナを改造したカラオケボックスができ始めた時期で。中高生のお小遣いで行けるくらいの金額やったんで、みんなと行って順番に歌って。そしたら友達が褒めてくれて。

●柳原:何を歌ったの?

●奇妙:チャゲアス(注:CHAGE and ASKA)とか歌ってた気がするんですけど。その頃『SAY YES』がめっちゃ流行ってたんで。それまで何かして褒められたことがなかったんで、嬉しくて。

●柳原:それで家にギターもあるから。

●奇妙:触ってみようと思って。本棚に浜田省吾さんのコードブックみたいなのもあったんですよ。めくってみたらコードが書いてあって、下のほうに弦の押さえ方のダイアグラムもあって。楽器とか触ったことなかったんですけど「できるかもなぁ」と思って。

●柳原:浜省を歌った。

●奇妙:歌いました。浜省、好きなんです。

●柳原:それで? まだオリジナルには辿りつかない(笑)。

●奇妙:全然です。カセットのレコーダーに誰かの歌を歌って吹き込んで、それを巻き戻して聴いて。やっぱ下手なんで、どこを直したらいいんかなって考えて。元の歌に寄せていくって感じで遊んでたんですけど。それが楽しくて一人でやってましたね。でもこれを人に見せたりとか、これを仕事にしたいとか、全くなくて。

●柳原:するとオリジナル曲を作ったのはいつになるんですか?

●奇妙:初めて組んだアニメーションズっていうバンドがライブハウスに出るにあたって、「どうも、そういうオリジナルみたいなのがいるらしい」ってことになって。みんなでスタジオに入って、なんとなく曲を作ったのが最初ですね。

●柳原:曲を作る前にバンドを作っちゃったってことは、最初はコピーバンドかなんかで。

●奇妙:大学に入った頃、ギター弾いたりするのが好きやったんで軽音楽部に入ったんですけど。そこではいろんなコピーバンドをやってて。でも「外でなんかするときは人の曲はあかんみたいだから、どうします?」ってことになって。

●柳原:ゲーセンと王将の退屈だけど満たされてる毎日から、ちょっと違う感じになってきたんですかね。

●奇妙:いや、あんまり変わってないかも(笑)。実家がうどん屋というか、製麺所みたいなのをやってて。それを継ごうと思ってたから別に勉強する必要もないし、のんびり生きていこうって、趣味でバンドとかやって楽しく過ごしてたんです。だけど26歳くらいのときに、その頃は僕も実家の製麺所で働いてたんですけど、それが潰れて。このままじゃまずいなぁと思いながら、ゲーム機の故障を受け付けるコールセンターでバイトを始めて。でもなんちゅうんですかね、毎日職場に行くの、イヤやなぁと思って。

●柳原:仕事が大変だった?

●奇妙:仕事自体は楽しかったんですけど、毎日同じ時間に起きていくのも大変やなぁとか(笑)。あとその頃、なんか一人で歌ったりもしてて、友達のイベントに誘われて出ることもあって。遊びに行く延長だったんで、お金もらうことはなかったんですけど。呼んでくれるんやったらお金ももらえるかなと思って、一回請求してみたんです。行って帰ってくるのもお金かかるから、みたいに。そこで「なら、もういいわ」って言われたら、それはそれでいいしって思ってたら、案外すんなりお金くれんねんなって。

●柳原:交通費にプラスちょっとくらい出して、って。

●奇妙:「あれっ? くれるんやなぁ」と思って。気持ち的にはそれの延長で今もやってるって感じで。だから、こんなこと、そのうちなくなるやろうな、とも思いますね。

●柳原:お金をくれる人がいなくなるかも。

●奇妙:ええ、ええ。そういう気持ちもすごいありますね。

●柳原:それはビビる感じ? そんなもんかぁって感じ?

●奇妙:そりゃそうやろうな、みたいな。そのタイミングを、なるべく伸ばしていきたいですけどね、だましだまし(笑)。

●柳原:こんなこといつまでやっていられるんだろ、と思いながらのだましだましが面白いのよ(笑)。でもさ、もし製麺所が傾かなかったら、今も大阪でおうどん屋さんをやってるのかな。

●奇妙:やってます、やってます。で、趣味はギター弾いて歌うことって言ってると思う(笑)。

●柳原:そういう物の考え方って、自分の気持ちの根本にあったりする? 堅苦しい言葉でいうと「諸行無常」じゃないけど。

●奇妙:そうですね、妙に期待しないことにはしてますね。誰かがこんぐらいやってくれるやろう、みたいに思ってたときもありますけど、逆にしんどくなってくるから。

●柳原:期待するのがね、わかるわかる。

●奇妙:だから自分の範囲のことはちゃんとやろう、みたいな感じですかね。

●柳原:東京に出てきたのはいつ頃?

●奇妙:4年くらい前です。自分から頑張って東京にライブをしに行ってたときもあるんですけど、8年くらい前から東京のライブがわりと普通に入るようになって。5年くらい前に、大阪の仕事より東京のほうが全然仕事あるなぁと思って。だから出稼ぎ感で来たって感じです。

 


 

「バンドをしてるからバンドマン、それが一番しっくりきます」(奇妙)

 

 
●柳原:奇妙さんは自分の職業を聞かれたとき、なんて答えるんですか? ロックシンガー?

●奇妙:バンドマンって答えてます。なんかミュージシャンっていうほど音楽的な教育も受けてないし。コード見て弾かなあかんみたいな感じなんで、よくわかってないんですよ。かといってシンガーソングライターっていうほどの曲も作ってないし。歌手っていうほど歌が上手でもないし。バンドをしてるからバンドマン、それが一番しっくりきます。

●柳原:じゃバンドじゃないとダメなの?

●奇妙:そうですね。バンドマンの人がヒマなときに弾き語りしてるっていう。

●柳原:それが奇妙礼太郎。だったら、ミック・ジャガーのようにパーマネントなバンドができれば、そのほうが楽ですか?

●奇妙:そうですね、いいですね。今ちょっとそういうふうにしていこうかな、って思ってるところなんですけど。
●柳原:そのときは奇妙礼太郎っていう名前じゃない別の名前になるのかな。それとも奇妙礼太郎となんとかになるのかな。

●奇妙:奇妙礼太郎でやろうかなと。

●柳原:奇妙礼太郎がバンドの名前なんだ。

●奇妙:それがいいかもって思ってますね。

●柳原:そもそもいつから奇妙礼太郎という名前なんですか?

●奇妙:アニメーションズっていうバンドをやり始めたときからです。なんか日本人の名前で、チラシとかで目にしたときに一回くらい見てみたいと思うような名前がいいと思って。まぁでもどう考えても(忌野)清志郎さんのマネって感じしますけどね(笑)。

●柳原:今もいくつか平行してバンドをやってますよね。それは奇妙さんのなかで役割が違うバンドなんですか?

●奇妙:違いますね。天才バンドは、Sundayカミデさんっていう人とやってるんですけど。その人がとにかく面白くて週一回くらいは会って喋りたいんですね、だったら一緒に仕事するしかないなぁって。バンドとかやったら一緒にいる時間も必然的に増える、みたいな。音楽的にはバンド自体がコミュニケーションするのが楽しいって感じですね。奇妙礼太郎トラベルスイング楽団は今はやってないんですけど、けっこう大所帯のバンドで。とりあえずステージの上に人がいっぱいおったら、見にくるんちゃうかなって、そういうよこしまな気持ちで始めた感じですね。あとアニメーションズも細々とやってます。1stアルバムを出してから曲も増やさず10年以上やってるんですけど。年に3回くらい誰か呼んでくれるんで、同窓会みたいな感じでやってて。25分ライブして終わり(笑)。これも年に何回か顔見たいからやってる感じですね。

●柳原:それにしても新しいアルバム『YOU ARE SEXY』、いいですねぇ。

●奇妙:ありがとうございます。

●柳原:すごく面白いピアノだと思ったんですが、あれはどなたが弾いていらっしゃるんですか。

●奇妙:バンドメンバーの中込陽大くんっていう人が。あれ、アップライトピアノなんですけど、使う予定じゃなかったんで調律とかしてなくて。変な音がいっぱい入ってるんですよね。

●柳原:あとドラムも面白い。

●奇妙:このアルバムは中込くんと2人でスタジオに入って録ったんで。だからドラムも僕か中込くんのどっちかが叩いてるんです。

●柳原:だからなんだ~! なんでこんなドタバタしてるのに歌にあってるんだろって思ったんだけど。

●奇妙:歌いながら叩いてるんです。

●柳原:そうなんだ、2人なんだ。……とても変わった音だなと思って。ちょっとホワイト・ストライプスとかの匂いもするなぁと。

●奇妙:やりっぱなしみたいな感じですよね。

●柳原:ビートルズの『ホワイトアルバム』とかね。あえてイントロもなくバッと曲が始まったり、曲の途中からバッと入ったり。それは、そういう曲ができたというより、そういう感じにしたかったの? いい意味での雑多なというか。

●奇妙:結果そうなったんですけど、ずっと録りっぱなしにしてたんで。どっちかがなんかやり始めたやつに、こんなんかなって乗っかってくというやり方だったんで。

●柳原:スタジオに入るときには歌詞はあるの?

●奇妙:ないんです。

●柳原:バンドマンだねえ~、ほんとにバンドマンだわ~。

●奇妙:はははは。楽しい作業でしたけどね。でもなんか自分のいいところと、自分ってこういうとこがあるなぁ……っていう、ちゃんと決まってないままどんどんやってくところが、全部入ってて。だからなんちゅーんですかね、出すのにけっこう怖いなとも思ったんですけど。

●柳原:あまりに自分だから?

●奇妙:きっちりパッケージされてるものじゃないから、どういう反応になるのかなぁって。

 

「ずっとでまかせって、すごいことですよ。恐ろしいですよ、そのパワーは」(柳原)

●柳原:このアルバム、作り方としては珍しい感じなんですか?

●奇妙:そうですね、この段階でバッと出したりするのは今までなかったですね。

●柳原:僕はさ、メロディックな人間って言われてたんだけど、実はそんなことはなくて。最初に言葉がないとダメなタイプなんですよ。だから言葉がない状態でレコーディングするっていうのは、もう恐怖でしかない感じなんだけど、そうではないんだよね。

●奇妙:恐怖です。

●柳原:恐怖だけどやってるの?

●奇妙:……自分が書いた歌詞、そんなに好きじゃなくて。

●柳原:歌詞を書くのは、あんまり好きなじゃない?

●奇妙:なんか……、家で作業するとか、一人で音楽を作っていくっていう感じが全然わからなくて。

●柳原:バンドマンだからね。

●奇妙:ええ。反応してくれる人がいる状態じゃないと何も始まらない。相手ありきなんで、一人で曲書く人ってすごいなぁと。

●柳原:もちろん僕も、歌詞も構成も曲の設計図が全部決まってることなんてないですよ。

●奇妙:自分がいいなって思う曲と、自分が作ってる曲にけっこう開きがあるなぁと思ってて。自分がいい曲やなぁって思う曲に比べると、自分の曲は足りひん部分がいっぱいあって、穴だらけだなって思うんです。特に今回のアルバムはすごい穴が開いたままの状態になってるので。これ、みんな、どういうふうに思うんやろうなぁと思うと、そわそわしてます。

●柳原:その穴がすごく面白いと思いましたよ。

●奇妙:それ、すごく嬉しいですね。

●柳原:そういう穴があると、言葉以上に心が揺すぶられるというか。そういう曲が多いアルバムだなぁと思った。僕が一番好きな曲はね、……なんだと思います?

●奇妙:うっわ~~~!

●柳原:もちろん『君はセクシー』はいい曲だなと思いました、うんうん。

●奇妙:自分が好きなのは『わたしの歌』と。

●柳原:ピアノが朗々とした越路吹雪さんの曲のような。

●奇妙:そうです、そうです。あと『春だったのかな』とか、『新しいノート』とか。

●柳原:それそれ。『新しいノート』は、「心がない」っていうフレーズが出てくるじゃないですか。すごかったなぁ。エルヴィス・コステロのデビュー曲『ウォッチング・ザ・ディテクティブズ』のサビに「彼には心がない」っていうのが出てくるんだよね。

●奇妙:うっわー! 当たったー! 2人で長いセッションしてたら、なんとなくそういう言葉がブワーッと出てきて。言いながら自分のことやなぁ、やばいやばいやばいと思って。

●柳原:ちょっと待って待って待って。歌詞がないって、もしかして、でまかせで歌ってるの?

●奇妙:そうですね、ほとんどそうですね。

●柳原:…………レコーディング、しながら?

●奇妙:はい。無茶苦茶ですよね。

●柳原:はぁ~~~~。……だからさ、僕、聞こうと思ったの。どう見てもでまかせで歌ってるよな、と思って。

●奇妙:そうです。

●柳原:だってさ、歌が自然なんだもん。歌詞を歌ってるように聴こえないんだよ。途中で笑ったり、グスッとか言ってるじゃない、あ~ぁとかさ。

●奇妙:言ってます、言い間違いとかもあるんですよね。

●柳原:なるほどねぇ、やっぱりそーなんだぁ。じゃあ、あとで歌を乗せるわけじゃないんだ。

●奇妙:そうですね。

●柳原:えっ、じゃなに? 歌詞が、その場で出てくるの?

●奇妙:無理矢理なんか言っていくっていうか。

●柳原:それ、すごくないですか。ちょっと俺、無理無理。無理っていうか31歳で諦めた。それまですごくそういうタイプで、もう嫌がられてたの、歌詞が毎回違うって。

●奇妙:すげえな、それもすごいですね。

●柳原:どちらかというと、たまのメンバーはきっちり作ってくるほうだったから。ちゃんと歌詞カードがあって、コード進行が決まってて。俺だけ、でまかせでよろしく~、♪ヘリコプタ~~とかやってたから。ものすごく軽薄なヤツということになってたんだけど。でもそれをお続けになってらっしゃる。

●奇妙:家でなんにも書けないんですよ。

●柳原:例えば聴いていた人達に影響を受けてたりしますか? レニー・クラヴィッツでも、ジョン・レノンでもいいんだけど。

●奇妙:ジョン・レノンはボックスセット買いました、中学生くらいのときに。

●柳原:俺も、いい歳で買いました(笑)。でもジョン・レノンのボックスセットに似てるかもしれない、『YOU ARE SEXY』は。

●奇妙:ボックスセット、好きな音なんですよね。中高生くらいのときに聴いてた音から、基本的に離れられないんですよ。

●柳原:いいですよね、『ストロベリーフィールズ・フォーエバー』のデモバージョンとか。

●奇妙:ジョン・レノンのパッとやった感じのやつとか、好きで。『ホールド・オン』っていう曲とか。

●柳原:もんのすごい偶然! 今日、『YOU ARE SEXY』を聴きながら、『ホールド・オン』歌ったらいいだろうなと思ってた!

●奇妙:あっ! ぜひやりましょー!

●柳原:すっごいいい曲だよね、あれ。

●奇妙:好きですね。淡々としてて。

●柳原:でも驚きました、ずっとでまかせって。それ本当にすごいことですよ。びっくりした。恐ろしいですよ、そのパワーは。

●奇妙:というか、現状を受け入れるって感じだけですけど。

●柳原:また釈迦みたいなことを。

●奇妙:いやいや、こんぐらいやな自分は、ってだけです。

●柳原:喩えて言うなら、ダウンタウンさんのフリートークみたいな感じなのかな。

●奇妙:うわっ、そんな敷居高いですね。だいぶ、神業みたいなじゃないですか。

●柳原:同じふうに見えるもん。

●奇妙:……いや、そんな。

●柳原:だってパッと出てきて、ちょっとネタがあったら、それを広げてくみたいな。

●奇妙:それで何かできたらすごくいいんですけど。

●柳原:すごいわ。やっぱバンドマンはすごい。

●奇妙:でも歌詞のきっかけになりそうなものは、いろいろ持って行くんですよ。ビートルズの日本語訳したやつとか、雑誌とか。

●柳原:雑誌?

●奇妙:『JJ』とか見ながら。

●柳原:女性誌の? それを見て歌うの?

●奇妙:化粧品のキャッチコピーが好きなんですよ。「夏、ひとりじめ!」とか、歌っぽいなぁと思って。キラキラしてる単語がいっぱい書いてあるし。

●柳原:今、思った。なんかあれだわ。芸人さんだわ、奇妙さんは。

●奇妙:でも芸人さん的なミュージシャン、めっちゃ好きです。

●柳原:あぁ~。ロックンローラー、バンドマン、それで芸人さんだ。いやはや参りました(笑)。

■出演:柳原陽一郎 / 柴田聡子 / 奇妙礼太郎
■開催日時
 2017年10月17日 (火)
 18:30 OPEN / 19:00 START
■開催場所
 duo MUSIC EXCHANGE

 東京都渋谷区道玄坂2-14-8 O-EASTビル1F
 ●duo MUSIC EXCHANGE Webサイト:http://www.duomusicexchange.com
■チケット料金
 前売り¥3,800(税込) / 当日¥4,300(税込)
 ※ドリンク代別途¥500-必要
■主催:Music For Life
■企画・制作:SWEETS DELI RECORDS / Music For Life
ブログに戻る